#1 ジュニア期に注意しておくべきオスグッドって何?!

膝が痛いお子さん、大丈夫??

お子さんが、「膝が痛い!」と訴えたことはありませんか?また、お子さんが膝の痛みでスポーツを長期にわたってお休みすることありませんか?
 
今回は、子どもに多いケガの一つである『オスグッド』についてご紹介します。
 
オスグッドとは?
オスグッド・シュラッター氏病というもので、小中学生の男子に多い膝のオーバーユース(使い過ぎ)による成長期スポーツ傷害の代表的な疾患です。
特に、サッカーやバスケットボール、バレーボールなど、膝への負担が大きいスポーツでよく見られます。
 
膝のお皿の下あたりには脛骨と呼ばれる太い骨が存在し、前面の脛骨粗面という骨が隆起した部分の痛みが特徴。大腿四頭筋の強い牽引力で、脛骨粗面が炎症を起こし、骨が剥がれたり、骨が異常に盛り上がってきたりするもので、押すと痛みがあり、ランニングやジャンプなどの動作もできなくなってしまうことも多い。

【原因】

オスグッドが発症する脛骨粗面には体重支持や着地衝撃を吸収する役割をしている大腿四頭筋の力を伝える膝蓋靭帯が付着している部位でもあります。

サッカーやバスケットボールなどで膝を伸ばす動きを繰り返し行っていると、大腿四頭筋に膝蓋靱帯を介して付着している脛骨の結着部が強く引っ張られる状態が続き、その際に、骨端軟骨の一部に剥離が起こることで発症します。

そのために生じる大腿四頭筋(太もも前の筋肉)の柔軟性低下をきっかけに、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面に加わります。成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在していますが、大腿四頭筋による強い牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して痛みます。

【症状】

ジャンプ動作での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作(サッカー)で起こりやすく、膝の御皿の下にある脛骨粗面に鋭い痛みがあるのが特徴です。

局所の熱感や腫れ、骨性の隆起が見られます。

子どもの骨は、やわらかい骨から硬い骨へと成長する過程にあり、どうしても不安定な状態です。また、骨の成長スピードに対して筋肉や腱の成長が追いつかず、アンバランスな筋骨格構造になっています。

そこに過剰な運動による負荷が加わることで、膝の痛みが起こると考えられています。ほとんどの場合、成長が終わると痛みが治まりますが、無理をすると成長期が終わってからも痛みが残ることがあるので、休息と発症後は適切なケアが必要です。

成長段階に合わせたトレーニングやセルフケアなどがとても大事になってきます。

次回は、 『予防とセルフチェック』についてご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です